FPって大事

FPって大事

家を買うとき、真っ先に考えるのはやはり「お金」。

でも借りることができる額と払っていける額は違います。家を買う瞬間はテンションも上がっていますし

つい無理目な金額で契約してしまうケースもあるようです。私たちは事前審査の段階では、銀行の定める

返済比率(年収の30%~35%)で融資額を決めるのではなく、できることなら25%に抑えた形を

お勧めしています。でもこれって「借りることができる金額」ですよね。

「払っていける金額」ってどう決めるの?

住居費って、「家賃」か「住宅ローン」が当たります。つまり賃貸派であれ持家派であれずっと必要な費用ですよね。

住宅の購入を検討するときだけではなく、「今の家賃って払っていけるの?」という目線でも同じことが言えます。。

やはり気になる「払っていける金額」です。

何を基準にどうやって決めるのでしょうか?

答えは「ライフプラン」にあり!

ライフプランって、日本語で言うと人生計画ですね、もちろん予定通りにいくとはかぎりませんが、 何事も計画が大事なのは、小学校の夏休みで学びましたよね。

「子育てにいくらかかるの?」

「もちろん、旅行やレジャーは行きますよ」

「病気やケガ、コロナのような感染症、働けない時どうすればいいの?」

「年金って充てにできないらしい、老後も不安かも」

まじめに考えれば考えるほど、暗くなりそうですね。でも「もしも」は必ず皆さんに起こります。

だったら「備える」以外解決方法はありません。

名古屋ホームズではそんなみなさまの不安を解決するため、「FP相談会」を随時開催中です。

お問い合わせに「FPの話が聞きたい」と書いて下記よりメール下さい。

あなたに「人生の安心」をお届けします。

プロフィール

舌古 洋一

チーフディレクター

舌古 洋一(ぜっこ よういち)

建築、不動産に携わり、35周年を迎えました。
いろいろな経験を踏まえ「あなたの理想の暮らし」に寄り添います。
建築設計施工から住宅ローン、インテリアやエクステリア、果ては近所づきあいの仕方まで。家と暮らしに関することで気になることは何でもお声がけください。あなたとお会いできることをお待ちしております。